ほんのちょっとブログ

教養を身につけたい。そのためにメモメモ…。

創作意欲のトリガーはいつも”怒り”

お風呂で本を読んだ。養老孟司さんの著作だ。それに太平洋戦争での日本についての養老さんの意見が書かれていた。すごくもっともだと思った。

怒りがこみ上げた。「戦争について反省すべきだ」という現代日本社会の言論に対しての怒りだ。経験していないのに、何が反省しろだ。だから戦時中を描いたドラマなんかは大嫌いだ。

こういうことを怒りに任せて、キーボードを叩き続けた。一通り書いた後、この経験、何度目だろうと思った。何かに怒って、パソコンに向かって発散。
なるほど、怒りって創作意欲を無限に書き立てるんだ。怒りに任せて芸術家が創作することはよく見聞きするが、何にもない私でも同じことが起こるんだと、実感を伴った瞬間だった。